Ishikawa Foodsいしかわの食材

加賀太きゅうり

生まれも育ちも金沢、栽培するうちに現在の姿に

金沢生まれ金沢育ち、生粋の加賀野菜の一つで、丸みを帯びた形と鮮やかな緑色が特徴。栽培が始まったのは昭和初期ごろ。詳細には諸説ありますが、昭和15年頃、種を岐阜県から導入した有松の青果商が金沢市 久安町の生産者森栄吉氏に譲り金沢市久安の研究熱心な農家、米林利雄 氏に栽培を依頼したのが始まりといわれています。当時の太きゅうりは三角形で黄色のウリに近いものだったのですが、米林氏が金沢節成りきゅうりと自然交配させ、現在の太きゅうりが誕生しました。

果肉が厚く、やわらかで風味があり、日持ちが良いため珍重されています。

主な産地

金沢市、かほく市

旬の季節

5月~6月

SHARE